運転免許取得に際して


若者の自動車離れが囁かれて久しい昨今ですが、実社会に於ける運転免許の必要性は変わらず、18歳を迎えれば少しでも早い時期に取得しておきたいと考える価値観自体に変化は見られません。仕事上自らハンドルを握らねばならない場面、あるいは将来の生活圏が公共交通機関が未発達で、自動車が必要不可欠な移動手段となる可能性など、運転免許はやはり「有しておくべき」公的身分証明を兼ねる資格です。

ですがこの資格の取得に際しは、双方のお金と教習所に通う時間の確保が求められます。多忙な学生生活あるいは仕事の合間を縫い、限られた期間内で所定の路上教習と講義をこなし、各々合格から卒業せねばならないハードルは低くありません。特に路上教習の希望時間帯は多くの在校生が集中する傾向も当然で、予定通りに予約が押さえられず、スケジュール的に逼迫してしまうリスクが避けられません。実際に多くの通学スタイルで免許取得を叶えた人達が、その大変さを声にされているのも周知の事実です。

一方で学生やフリーターを中心に人気を博している免許取得手段として、合宿免許の利用が挙げられます。合宿期間中は免許取得という目的に集中した生活を送る中、オフタイムには滞在先の観光や仲間達と楽しく過ごせるなど、短期間での取得以外のメリットも数々伝えられています。ここではそんな人気と注目を集める合宿免許とはどのようなシステムなのか、そして参加に際して事前に知っておくべきポイントなど、免許取得をお考えの方々にお役立ていただける内容をお届けします。