参加時の注意点


合宿免許はあくまで自動車教習を受けられる生活環境が準備される教習スタイルの1種であり、合宿所の形態や設備、更には参加者が当日持参すべき日用品など、細かい部分が異なって当然です。申し込んだコースの内容を正しく理解の上、必要となる身の回り日などを確実に準備から当日に臨んでください。特に地方の都市部から離れた合宿地の場合、必要な日用品の調達に窮してしまう可能性も想定されます。現金以外にも着替えや洗顔入浴に必要なアイテム、更に女性であれば生理用品など、滞在中に必要と想定される日常品をリストアップから準備を進めてください。合宿所によっては宅配便での事前発送から、現地で引き渡してくれる場合もありますので、運搬手法も確認の上、自身にベストな方法を活用してください。

また合宿先では全てが自己管理自己責任です。寝坊から講習に遅刻した、ルールを守らなかったなどの「罰」は全て自身に跳ね返って来ます。自宅を離れた解放感から手足を伸ばしてしまいがちですが、自動車運転という非常に責任の重い行為の「教習中」である事を忘れず、時に周囲の誤った雰囲気に流されぬべく、参加機関全体を通し、凛とした姿勢が望まれる場面もゼロとは言えません。