合宿免許という選択肢


1足先に運転免許を取得した先輩格の人達のコメントに耳を傾けると、想像以上に色々な面での負担が大きかった経験談が圧倒的比率を占めている事に気づかされます。分割払いの教習所費用の負担が辛かった、思うように路上教習の予約が確保出来ず、規定期限内に卒業出来るかと焦った、学業や仕事の合間を縫っての教習所通いは肉体的にも大変だったなど、負のイメージが否めぬ内容が続いています。ですがこれは日常生活の空き時間を利用して、教習所の「通う」という選択をした以上、ある程度避けられない現実です。

多くの教習生にとって都合の良い時間は自ずと重複しますし、教習車の台数は限られています。更には急用や残業が舞い込み、せっかくの予約を無駄にしてしまえば、それだけ時間とお金双方のロスが避けられません。このように自宅から空き時間を利用しての教習所通いには、いざ始めてしまうと想像以上のデメリットが見過ごせません。

一方若い世代を中心に人気を博する合宿免許の場合、合宿期間中こそ開催地に継続滞在せねばなりませんが、教習所通いより遥かに短期間で免許取得が叶う上、費用面も大きく抑えられるメリットが見過ごせません。免許取得なる目標に集中した合宿期間が過ごせる環境に自身を置く、この運転免許取得スタイルもまた、お薦めの選択肢の1つです。